スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


金正日「ジャンパー」世界的大流行? 北朝鮮メディア報じる「荒唐無稽」(J-CASTニュース)

 北朝鮮メディアでは故・金日成主席の誕生日「太陽節」にあたる4月15日に向けて、祝賀ムードを盛り上げようとする報道が相次いでいる。国営・朝鮮中央テレビは祝典の準備の様子を連日のように伝えており、当日には特番も放送する。

 一連の報道には、金日成・正日親子を称賛する内容も多いが、その中には、金正日総書記の「ジャンパーファッション」が「世界的に大流行している」と伝える、荒唐無稽なものすらある。

■「人々にとって最高に価値があって高尚で上品なもの」

 このエピソードが紹介されているのは、北朝鮮の事実上の公式ウェブサイトである「わが民族同士」に掲載された、2010年4月7日付けの「労働新聞」の記事だ。記事は、「惑星もおどろく偉人称賛ブーム」と題して掲載されたもので、大きく3つの逸話が紹介されている。

 記事冒頭には01年に金総書記がロシアを訪問した際のエピソードが紹介されている。要約すると、「大雨が降っていたのに、金総書記が現れると急に晴れ、現場から去ると再び雨が降り出した」というもので、金総書記一行のメンバーは

  「あなたは太陽をポケットの中に持っていて、必要な時に取り出して照らすことができるのです」

などと称賛したという。北朝鮮では、ほとんど「神」として崇拝していることがよく分かる話しだ。

 2つめのエピソードは、米政府の国際放送局「VOA」が97年10月に、金総書記のことを

  「これまでに世界が見たことがない特別な政治指導者で、驚くほど社会主義に対して絶対的な信念と忠実心、強靱な精神を持った社会主義政治家・軍事家であることを認めざるをえない」

などと絶賛したというものだ。北朝鮮メディアにとって、このような荒唐無稽なエピソードは決して珍しいものではない。だが、3番目の、金総書記にとってはおなじみとも言える、ジャンパー服姿に関するエピソードは、驚くべきものだ。

 記事では、「地味なジャンパー服が、今は人々にとって最高に価値があって高尚で上品なもの」とした上で、

  「不滅の世界史的業績を成し遂げられながらも、高尚で平凡なものを好む偉大な将軍様の人格が、世界に『金正日式流行』を呼び起こしている。偉大な将軍様が着ておられるジャンパー服だけでなく、身の振り方と表情、手ぶり、そして筆跡に至るまで、世界の人々は魅力を感じて従おうとしている」

などと持ち上げている。

■「ワースト・ドレッサー」ランキングでは2位

 その上で、フランスの流行専門家が、世界各地で「金正日式流行」を目撃したとして

  「世界中に急速に広がっている『金正日式流行』は、人類史上先例を探すことが出来ないほどの特別な流行だ」

などと主張している。

 当然、国外の受け止め方は異なる。米タイム誌による指導者の「ワースト・ドレッサー」ランキングでは、金総書記は不名誉にも2位にランクインしており(1位は南アフリカ共和国のズマ大統領)、このように酷評している。

  「似合わないカーキ色のサファリスーツに大きなサングラス。『親愛なる指導者』の低い身長を高く見せるための、5インチのハイヒールと膨らませた髪型」

 さらに、

  「似合わないスーツは、これまでは金総書記の腹を隠すのにはほとんど役に立ってこなかったが、最近の写真では、普段よりも数段階サイズが小さめの服を着ていることが確認されている。専門家によると、これは金総書記の最近の病気によるものだそうだ」

と皮肉られている。


■関連記事
金正日・正雲「親子不仲説」 NHK「特ダネ」本当なのか : 2009/09/24
重村早大教授が唱える 「金正日すでに死亡」の真贋 : 2008/08/12
金総書記後継者と報道 3男正雲とはどんな人間か : 2009/01/16
ネットメディアが新聞・テレビに代わる 佐々木俊尚「マスコミは、もはや政治を語れない」 : 2010/04/07
なぜJTBは「就職人気ランキング1位」なのか : 2010/04/08

決まった高校「行きたくない」、幾度も母親の腹刺す 15歳逮捕(産経新聞)
小泉被告に厳刑へ=求刑死刑、主文後回し−元次官ら連続殺傷・さいたま地裁(時事通信)
<スペースシャトル>山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ(毎日新聞)
「上下関係のない新しいグループ立ち上げたい」と集団暴走 容疑で少年10人を逮捕(産経新聞)
常勤従事者は年収450万円以上に―介護クラフトユニオンが提言書(医療介護CBニュース)

国際化学オリンピック 日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)

 日本化学会化学教育協議会などは2日、世界の高校生が化学の知識と応用力を競う「第42回国際化学オリンピック」の日本代表4人を発表した。大会は7月に東京で開かれ、国内での開催は初めて。

 代表に選ばれたのは、昨年の大会で金メダルを獲得し2回目の出場となる神奈川・栄光学園高校3年、遠藤健一さん(17)のほか、▽滋賀県立膳所高校2年、浦谷浩輝さん(16)▽東京・筑波大学付属駒場高校3年、片岡憲吾さん(17)▽兵庫・灘高校2年、斉藤颯(はやて)さん(16)。

 4人は、国内3078人の中から選考試験を経て選出された。大会には、過去最高の70カ国・地域から280人が参加する予定。実験試験と筆記試験が各5時間実施される。

 日本化学会化学会館(東京都千代田区)で開かれた記者会見では、ノーベル化学賞受賞者で化学五輪日本委員会の野依良治委員長が「他国の同世代のライバルと切磋琢磨(せっさたくま)し、一方で友情をはぐくむのは意義がある」とあいさつ。また、遠藤さんは「昨年が金でプレッシャーはあるが、それをバネにして頑張りたい」と話した。【藤野基文】

【関連ニュース】
国際生物学五輪:生物大使に女優の忽那汐里さん

「草刈り担当ヤギ」が出産=那覇市〔地域〕(時事通信)
<シー・シェパード>船長を捕鯨妨害で起訴 東京地検(毎日新聞)
中国電社長、知事らに謝罪=島根原発の点検漏れ問題(時事通信)
暴力団雑誌の撤去要請「違法」=作家宮崎氏が県提訴−福岡地裁(時事通信)
長官銃撃事件前後の詳細判明 「敵の仇は敵にやらせる」(産経新聞)

五輪招致断念 広島市長は苦渋の表情(産経新聞)

 五輪招致検討費の削除を盛り込んだ新年度当初予算の修正案を25日、可決した広島市議会予算特別委員会。「被爆地で開催する意義」を訴えてきた市側に対して、巨額の財政負担に反発する議会側が明確な拒絶を示す格好になった。事実上の招致断念に追い込まれた秋葉忠利市長は、苦渋の表情を浮かべて議会を後にした。

 「市民の代表である議会に何の相談もなかった」。検討費削除を提案した自民系会派の市議は、委員会の冒頭で、招致構想が発表された昨年10月当初からの「ボタンの掛け違い」を指摘。さらに「多額の支出について市民の理解も得られていない」と批判した。

 これに対し、別の市議は「市民の理解を得るための検討費ではないか」などと反論。しかし採決では、出席者53人のうち削除を提案した自民系2会派と、公明などの計28人が同案に賛成、26日の本会議でも可決される見通しとなった。

 約1時間の審議を厳しい表情で見守った秋葉市長は、記者から今後の対応を問われると「(26日の)会見で話します」とだけ答えて足早に議会を去った。

 市の担当部長は「議会が『ノー』を示した以上、予備費を招致検討に流用することも難しい。招致検討委の参加自治体には、明日の議決後に事実関係を説明したい」と話した。

【関連記事】
「非常に残念」と長崎市長 広島市の五輪招致予算削除
広島市の予算削除、五輪をマイナスにみた? JOC、4月に市長と面会へ
広島市が五輪関連費を削除 秋葉市長に大きな痛手
広島市、五輪招致断念? 関連予算を削除案、可決も
“幻の被爆地”北九州市が非核都市宣言 広島、長崎市長もコメント
あれから、15年 地下鉄サリン事件

カワイ、個人の音楽教室検索サイト「ピアノ教室ネット」開始
救急の妊婦死亡「適切な処置せず」医師書類送検(読売新聞)
<参院選>首相議長に初の政権公約会議開催へ 政府・民主党(毎日新聞)
工事現場に男性遺体=遺棄容疑で20歳男逮捕−茨城県警(時事通信)
足利事件再審 警察庁刑事局長「厳粛に受け止める」(産経新聞)

【無名録】14年かけた博士号(産経新聞)

 男女を問わず調理や裁縫、被服など授業で学んだことを、家庭にフィードバックする。親がかりになっている家事を理解し、親子の会話が増える。家族のきずなが強まる。これが家庭科教育の理想という。

 共立女子大学大学院生の安藤美紀子さん(63)はこの理想を論文にし、3月15日に博士号を授与された。

 東京学芸大卒業後は公立小学校で家庭科の専任教師を務めていたが、育児のために離職。その後、学芸大大学院で修士を取得した。「博士も取った方がいいじゃない」。教授の何げない一言で、博士を目指した。平成8年に共立女子大大学院博士課程に入学、すでに50に近い年になっていた。

 「何歳までにというのがないので余裕がありました。でもだんだんと体力的にきつくなりまして」。いくら期限はなくとも10年が過ぎると、家族からも「これくらいでいいんじゃない」「その年では無理なんじゃない」といわれた。

 それでも途中で投げ出すのはスッキリとしない。さらに5年続けた。20代の学生ばかりでも違和感はなく、経験が強みだと思っていた。幅広い視野を持ち、物事を考える。うのみにせず、自身で判断できる。長期に取り組まなければならない博士への挑戦は中高年向きともいえる。

 15年目。授与式で学長から「博士号を生かし、世の中に貢献してください」と励まされた。

 「どのくらいできるかわかりませんが、機会があれば教壇に立ちたい」。受験に必要がない家庭科教育の影はどんどん薄くなっている。半面、調理や裁縫の授業を楽しみにする子供が増えた。「学校と家庭を結びつけ、家族が思いやりを持って生活するための教科。生活の基本は家庭だけで学ぶものではありません」。理想を後進に伝えたい。(将口泰浩)

<児童ポルノ>定義の厳格化求める 日弁連が意見書(毎日新聞)
カード番号売買「裏サイト」暗躍 モンベル顧客情報流出(産経新聞)
<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
黒澤財団寄付金2・8億流用 伊万里市、法的措置も(産経新聞)
<広島市>議会が五輪関連予算全額削除の修正案可決(毎日新聞)

教科書掲載、200年来の謎「原形質流動」メカニズムを初解明 京大(産経新聞)

 植物の細胞の中で葉緑体などの物質が動く現象「原形質流動」のメカニズムを、京都大学大学院理学研究科の西村いくこ教授(植物分子細胞生物学)らの研究チームが世界で初めて解明し、今週中に米科学誌「米国科学アカデミー紀要」(電子版)に掲載される。

 原形質流動は高校の教科書にも掲載されている有名な現象。多くの科学者が仕組みを調べてきたが実証できておらず、200年来の謎といわれていた。

 研究チームは、植物の細胞内にある大きな器官が原形質流動にかかわっていると予測し、タンパク質などを作る植物の内壁全体にある器官「小胞体」に着目。アブラナ科の植物「シロイヌナズナ」の葉から小胞体のみを取り出して調べた。

 その結果、小胞体に、細胞中の物質を動かす働きがある特定のタンパク質が結合していることを確認した。

 さらに、このタンパク質が小胞体を動かしていることを発見。細胞の内壁全体にある小胞体が動くことで、葉緑体など他の物質も巻き込まれて流されることがわかった。

 研究チームは「植物が何のために原形質流動を行っているのかまでは突き止められていない。しかし、メカニズムの発見で、その解明の一歩となった」としている。

【関連記事】
植物の気孔の数を増加させる方法を発見 京大チーム
大学ブランド「おいしい」商品化 研究成果を食卓でアピール
世界の食糧危機を救う? 細菌感染植物の“心中”メカニズム解明 京大チーム
ニキビ発生抑える成分発見 資生堂 化粧品応用に期待
若い肌の“味方”開発 「肌の再生を促す手入れを忘れないで」

【はてなは、はてなし】論説委員・坂口至徳 京の名花 バイオで守る(産経新聞)
インスリン投与、殺人未遂容疑で看護師逮捕(読売新聞)
市長もニコニコ「日光仮面」着ぐるみ完成(読売新聞)
定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案(読売新聞)
理想の上司、関根勤さんと天海祐希さんが1位(読売新聞)

<遺体解剖>別人と取り違える 東京都監察医務院(毎日新聞)

 東京23区で見つかった死因不明の遺体を調べる東京都監察医務院(東京都文京区)が今月7日、病死のため解剖が不要と判断された男性(75)の遺体を別人と取り違え、誤って行政解剖していたことが23日、分かった。

 警視庁城東署によると、75歳の男性は7日午前、江東区の自宅のベットであおむけで死亡しているのが見つかった。検視で病死と判明したため、解剖は不要とされ、同署の霊安室で袋に包み安置していた。ところが、医務院職員が7日午後、死因不詳で解剖の必要があるとされた男性(84)の遺体を医務院に搬送する際、近くに安置されていた75歳の男性の遺体と取り違えて運び出したという。

 84歳の男性には解剖対象であることを示すリストバンドが巻かれていたが、医務院の職員が袋を開封してバンドの有無を確認しなかった。医務院の監察医もバンドをチェックせずに解剖。終了後に職員が気づき、改めて84歳の男性を解剖した。【山本太一】

【関連ニュース】
臨場率:21年ぶり2割超 検視官増員で効果
解剖率

北朝鮮へ化粧品など不正輸出 経営者ら有罪(産経新聞)
強盗致死、検察審が1人を「不起訴不当」…茨城(読売新聞)
<名誉棄損訴訟>大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁(毎日新聞)
修学旅行生162人の名簿紛失=近ツー(時事通信)
DNA誤データで別人に逮捕状=捜索実施、人為ミスか−神奈川県警(時事通信)

「昼間にも叫び声」マンション住人が証言 天王寺で腹刺され男性死亡(産経新聞)

 23日午前2時55分ごろ、大阪市天王寺区寺田町の10階建てマンション「グランソシエ寺田町」の1階入り口付近で、男性が腹から血を流してあおむけに倒れているのを通行人が発見、119番した。天王寺署員が駆けつけたところ、男性はすでに死亡。腹部に刺されたような傷があり、府警捜査1課は、殺人事件とみて捜査を始めた。

 府警によると、死亡していたのはこのマンションの4階に住む無職、岡田弘さん(57)。長袖シャツ、ジーパン姿で、靴ははいていなかった。へその上あたりに刺し傷があったほか、右の手のひらにも、抵抗したときにできたとみられる切り傷があった。凶器は見つかっていないという。

 岡田さんの部屋から、外付けの非常階段を経て、マンション入り口付近まで血痕が続いていた。室内では血痕は見つかっておらず、部屋の前で襲われたとみられる。

 部屋は無施錠で照明がついたままだった。岡田さんの財布や携帯電話が残されており、荒らされた様子はなかった。岡田さんは1人暮らしだったという。

 マンション8階に住む調理師の男性(53)は「約1年前に引っ越してきたころから、下の方からよくけんかをする声が聞こえていた。昨日の昼間にも叫び声を聞いた」と話していた。

 現場は、JR大阪環状線寺田町駅から北に約150メートルの雑居ビルなどが立ち並ぶ一角。

【関連記事】
マンション玄関で腹刺され男性死亡 大阪・天王寺
自室で腹刺され女性重傷 殺人未遂容疑で捜査、岐阜
出勤途中の21歳、路上で腹刺され負傷 愛知・小牧
92歳女性腹刺され重体

夕映えの二上山と西方浄土(産経新聞)
<八百長疑惑裁判>賠償を3割以下に減額 東京高裁判決(毎日新聞)
森田さん、桜開花予想的中のはずが目前で散る(スポーツ報知)
<融資金詐欺>コシ社長に実刑 東京地裁判決(毎日新聞)
報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)

<温室ガス>環境省がロードマップ 販売の7割エコカーに(毎日新聞)

 温室効果ガスを20年までに90年比25%減、50年までに80%減を目指した環境省の行程表原案が18日、明らかになった。自転車専用レーンを現状の2.5倍に増やすなど、5分野で目指す施策を挙げている。小沢鋭仁環境相は19日の専門家会合での議論などを参考に行程表を公表するが、根拠や実現性で議論を呼びそうだ。

 原案では、住宅・建築物▽自動車▽地域づくり▽ものづくり(産業)▽エネルギー供給−−の5分野に目標や導入すべき施策を時系列で列挙した。

 それによると、25%削減を国内対策で実施する場合、住宅・建築物分野では、二酸化炭素を出さないゼロエミッション住宅を目指し20年までに家庭用太陽光発電を3600万キロワット(05年114万キロワット)に拡大する。住宅エコポイント制度や太陽光発電の固定価格買い取り制度を継続する。

 自動車分野では、20年までに乗用車の販売台数の7割を、ハイブリッド車などの環境対応車にする。

 地域づくりでは、公共交通を柱にした街づくりを進めるほか、車の移動などに伴う排出を減らすため、駅周辺への居住を促す。30年までに自転車専用レーンを現状の2万キロから5万キロに拡大。路面電車や高速輸送システムも現状の240キロから1500キロに増やす。【大場あい】

【関連ニュース】
【特集】環境のページ
【写真特集】暖かな破局 刻一刻と進む地球温暖化
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束
温室ガス削減:企業の2割超「商機」 日生調査
温室効果ガス削減:「チャンス」21%も、「リスク」は27%−−日生が企業アンケ

空き地で爆発音、車2台全半焼 茨城・神栖市(産経新聞)
首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
コンクリ塊下敷き 男性死亡(産経新聞)
<輿石氏宅違反転用>固定資産税は義弟負担 農地で格安課税(毎日新聞)
癒やしの府住ペット 癒やされぬ無断飼育 ルール無視入居者苦情相次ぐ (産経新聞)

三笠フーズ元顧問に有罪=事故米不正転売−大阪地裁(時事通信)

 米粉加工会社「三笠フーズ」(大阪市、破産手続き中)による事故米転売事件で、不正競争防止法違反罪に問われた元同社顧問宮崎一雄被告(78)に対し、大阪地裁の西田真基裁判長は12日、「食の安全への信頼を失墜させた」として懲役2年6月、執行猶予4年と罰金300万円(求刑懲役2年6月、罰金300万円)を言い渡した。
 西田裁判長は「取引先や一般消費者を顧みず、自己の利益を図ろうとした。組織ぐるみで巧妙、計画的な犯行だ」と述べた。 

【関連ニュース】
〔ニュース解説〕揺らぐ食品への信頼
ミカド、破産手続きに移行へ=帝国データ
元理事長、業過致死罪で起訴=山本病院事件
山本病院事件、容疑者が死亡=留置場で突然倒れる
高齢者が7割、過去最高=点検商法・押し売りの被害

救えなかった命…無念抱え 長崎屋火災から20年、元救助隊長が定年(産経新聞)
“長島軽一両”五輪銀タイムにちなみ軽自動車特価販売(スポーツ報知)
羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦(時事通信)
阿久根市長、本会議をまた欠席…傍聴席から批判(読売新聞)
<EXPO’70パビリオン>開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)

<ソフトバンク>九州地方の携帯端末110番発信できず(毎日新聞)

 ソフトバンクモバイルは9日、午前11時20分から午後4時35分にかけて、九州地方の携帯電話端末(通信方式が2Gと3G)から、緊急通報の110番、119番、118番(海上の事件・事故)がいずれも発信できない通信障害が発生したと発表した。

 同じ時間帯に山口県内でも118番通報ができなかった。交換機のシステム設定変更で復旧した。同社の九州地方の利用者数は約200万人。トラブルなどの情報は入っていないという。

【関連ニュース】
注目リリース:セガ、ソフトバンク携帯向けゲーム「サカつくモバイル3」を配信
ソフトバンク 冬・春向け新商品発表会
ソフトバンク(9984)はモルガンスタンレーの「Overweight」継続を好材料視 「成熟化する通信セクター内での成長株、来期も2桁営業増益へ」
ソフトバンク 夏商戦向け新機種
ソフトバンクモバイル:ダブルワンセグ搭載など春商戦向け9機種発表

<与謝野元財務相>勉強会に14人「執行部刷新」で一致(毎日新聞)
「政治とカネ」に危機感=成果自負も−政権半年で閣僚(時事通信)
対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)
国宝仏像展、文化庁が認めず…管理ずさん新潟市(読売新聞)
<別れさせ屋>交際女性殺害被告に懲役15年 東京地裁判決(毎日新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所
情報商材
競馬サイト
ネイルサロン
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM